突発的なイノベーション、デジタル・ヘルス、商業および顧客戦略の調整

950名以上の参加者を収め生命科学業界で世界最大を誇ったデジタルマーケテイングのイベント、デジタル・ファーマ・イーストが日本に初上陸します。

ヨーロッパ(9年)、中国(5年)の実績を基に日本の製薬・医療機器事業に関わるエグゼクティブの皆様に、日本独特のビジネスモデルのために調整されたデジタルエコシステムの埋め込み方法を世界レベルで提供致します。

あなたも業界の皆様と一緒にこれらの重要テーマについて議論に参加しませんか:

デジタル混乱は、どのようにして製薬ビジネスモデルを変えていくのか?

他の業界とは異なり、製薬業界の「Uber」はまだ登場しておらず、市場はデジタル混乱に熟しています。製薬企業は、変化管理と新しいビジネスモデルをどのように変革して、顧客との関わりを深め、業務を合理化し、競争力を維持するかを模索しています。

製薬企業はデジタル医療 ソルーションからどのように価値を生み出していくのか?

製薬企業が伝統的な製品の実装から接続ソリューションに移行する中、企業はインテリジェントなデジタル医療ソリューションが必要とするこの新しいビジネスモデル(収益源など)から価値を定義し実現することに挑戦しています。

製薬企業はどうやって突発的なテクノロジーに従事できるのか?

AI、AR、および認知コンピューティングは現在では現実化され、医師によって予測診断で使用されています。もし私たちがAIからの診断を定期的にし医師によって行われていた意思決定のプロセスを移行し、「意味合い迅速性」を「意思決定プロセス」に移行し始めた場合、製薬市場にはどのような影響が生じrのでしょうか?そして、ブランド・マーケティングチームはこの新しい世界にどのように適応するのでしょうか?

どうしたら製薬製品にたいしてのデジタル化の価値を実証できるのか?

製薬企業は、データ、分析、および現実の証拠を通じてデジタル化が果たす役割をますます探求しています

製薬企業がHCP(医療従事者)と効果的に取り組んでいくにはどうすればいいのか?

HCPが患者との関わりや医療の運営方法を進化するにつれて、製薬企業はHCPの取り組みのアプローチを変えなければならなくなります。

具体的にいうと、日本の製薬・医療機器に関わるエクゼクティブの皆様はどうやってこれらの問題を対処していくのでしょうか?

  1. 実世界のデータ- ファーマコ・ビジランス(医薬品安全性監視)とより良い患者に対する理解への適応法。デジタルROIの成功をどう測定していきますか?
  2. 患者を中心とするイノベーション
  3. 医薬におけるAIの役割- AIが予測マーケティングに役立ってくれるのでしょうか?
  4. オムニチャンネルによった効率化-最善なチャンネルミックス、薬物採用に繋がるデジタルおよびセールス訪問のタイミングを特定すること。
  5. 患者の生活の質や結果の改善を目的としたデジタルツールと戦略を発展させる。例: AIとリモート診断等
  6. デジタル化と変更管理:システム、マーケティング・オートメーション、および人々の変化にどのようなに影響が生じるのでしょうか?
  7. 地域別医療における政府政策の変化 - 日本政府は、地域医療にどのように権限を与えることができるのでしょうか? デジタルマーケティング担当者として、医者以外のステークホルダーが出現しています。 誰が、そしてどのようにして従事させる必要があるのでしょうか?
  8. ソーシャルメディア:患者を巻き込み、地域の規制を遵守する際に、グローバルなプラットフォームと地域のソーシャルメディアプラットフォームを比較すること。

デジタルファーマ・ジャパンではこれらを含んださまざまな質問を探求していきます。日本初上陸であるこのイベントを予約して、会話への参加やデジタル健康の向上に貢献し、患者の成果を向上させましょう!

live chat software