この度はDigital Pharma Japan コンフェランスにご興味を持って頂きありがとうございました。

2018年度のこのイベントに関わられた素晴らしい講演者、スポンサー企業、メディア企業、そして参加者の皆様にこの機会を通して心から感謝の気持ちを表します。 当ウェブサイトにてご覧いただける情報はこの度2018年度のイベントから抽出したものですが、我々は既に2019年度のイベントに向けて準備を開始しておりますので、是非とも更新のためにも訪れるようお勧めします。

講演にご興味がある方は担当のWarren Drysdaleの方までEメールwdrysdale@exlevents.com 又は+1 917-258-5162.にてご連絡ください。

スポンサーシップ又は展示に興味がある方は担当のJayson Mercadoの方までEメール jmercado@exlevents.com 又は+1 212-400-6236.の方までご連絡ください。

DIGITAL PHARMA JAPANがなぜ日本のコンテンツ・イノベーション・ライフサイエンス市場コミュニティーでNo.1の座を誇るのか

企業が特定のデジタルチームをボルトオンとしてブランドプランに追加するだけでは、もはや十分ではありません。 規制、法務、コンプライアンス、IT、イノベーション、商業オペレーション、カスタマーインタラクション、セールス/フィールドフォース、その他の多くの部門は、初期段階から、さまざまなマーケティング担当者と対話して、顧客に実際に提供するイニシアチブを開発する必要があります。 オペレーションのサイズ/規模は関係ありません。

この会議では、将来に備え、ソリューション、技術、戦術を活用できる上級レベルの議論や事例が紹介されます。 議題の中には、コスト削減、MCMのマスタリング、新しいデジタルマーケティング手法の使用と効果の改善、分析を活用したROI /顧客満足度の向上、SFEの改善などが含まれます。

いくつかのエキサイティングな潜在的な解決策が視野に入りますが、依然として多くの質問があります:

デジタル混乱は、どのようにして製薬ビジネスモデルを変えるのでしょうか
他の業界とは異なり、製薬業界の「Uber」はまだ登場しておらず、市場はデジタル混乱に熟しています。 製薬企業は、新しいビジネスモデルをいかにして変革し、顧客との関わりを深め、業務を合理化し、競争力を維持するかを模索しています。

製薬企業はデジタル化傾向とテクノロジーをどのように活用して、患者の肯定的な結果を最大限に引き出すことができるのでしょうか?
すべての業界にデジタルの採用を検討することは、医薬品のベンチマーキングの重要なプロセスです。 デジタルがヘルスケアにどのように影響するのか、そしてなぜそれが患者に利益をもたらすかを理解することは、顧客基盤との長期にわたる成功の鍵を握る重要な鍵です。 したがって、製薬企業がデジタルトレンドや新興技術に対処するためにできることを特定することは、製薬企業が将来どのように見えるのかを理解し、このようなビジネスの移行に備えるための第一歩です。

医薬品はどのようにしてデジタル医療ソリューションから価値を生み出すことができるのか?
製薬企業が伝統的な製品の実装から接続ソリューションに移行するにつれて、企業は、インテリジェントなデジタル医療ソリューションが必要とするこの新しいビジネスモデル(収益ストリームなど)から価値を定義し、実現することに挑戦しています。

製薬企業はどのように突発的な技術に従事することができるのか?
AI、AR、および認知コンピューティングは現在現実のものであり、予測診断において医師および医師によって使用されています。 私たちがAIから定期的に診断に向かい、医師の手から特定の意思決定プロセスを取るようになると、製薬マーケティングの意味は何ですか? ブランドとマーケティングチームはこの新しい世界にどのように適応していくのでしょうか?

製薬製品のデジタル化の価値をどのように実証できますか?
製薬企業は、データ、分析、および現実の証拠を通じて価値を示す際にデジタルが果たす役割をますます探求しています。

製薬はHCPに成功するためにどのように適応しますか?
HCPが患者との関わりや医療の運営方法を進化するにつれて、製薬企業はHCPの取り組みのアプローチを変えなければならなくなります。

このコンフェランスを通してこれらの質問などを探求していきます。 記念すべき第1回Digital Pharma Japanの最初の会議の座席を予約することでこれらの会話に参加し、患者の成果や顧客中心性を向上させるデジタルヘルスの向上に貢献していきましょう。

でマーケティング、デジタル運営、起動態勢とマーケティング力の最適化を図る

  • 複数のセラピーカテゴリー内の製品打ち上げ、打ち上げモデルの卓越性を確立させる
  • デジタルROIによる成功の計測
  • マーケティング、メディカル、会計、セールス機能の連携を強化し、商業計画の品質を向上させる
  • 更なる患者中心のアプローチとイノベーションを取り入れてBU全体における戦略的ブランド計画の品質向上を図る。
  • を使ってe-シェアオブボイスを増やしブランド強化
    • HCP ポータルアクセスを最適化させる
    • e-mailマガジン、Veeva認定のe-mailを対象としたマーケティングと最先端のコンテンツ戦略の開拓を図る
    • 実り多いウェブキャストを実行する
  • ソーシャルメディアで革新の最前線に立つ。 例)HCPをターゲットとするLINEサービスの開始
  • マーケティング資料の取り扱いを改善し、i-ディテールの使用を増やして担当者の品質と販売を向上させる
  • 患者の生活の質および成果を改善するために進化し続けるデジタルツールや戦術法。例) AI、リモート診断
  • オムニチャンネル最適化―最適なチャンネルミックス、タイミング、デジタル・セールス訪問を認識してドラッグ採用に導く
  • 新規の資産管理プロセスによる最適なコンテンツの作成
  • 実世界のデータ- どのように製薬に適応してより良い理解を患者へ提供できるのか
  • 製薬でのAIの役目–予想的マーケティングでの使用は可能?
  • リモートプロモーション、ディテール、バーチャルプロモーションの最適化
  • ライフサイエンス分野におけるデジタル変換の道のり:マーケティング自動化システムの活用によるデジタルリードジェネレーション戦略の最適化

デジタルファーマ・ジャパンではこれらを含んださまざまな質問を探求していきます。日本初上陸であるこのイベントを予約して、会話への参加やデジタル健康の向上に貢献し、患者の成果を向上させましょう!

live chat software